FC2ブログ

トレードルール②

被リンククチコミその美しい美しさSEO夢美髪 楽天




こんにちは!FX兄弟です。

今日はどのようなルールの検証を始めるのか?を書いていきたいと思います。

基本的には11月7日(金)の「トレードは水平線から水平線までという考え方」の記事に基づきます。

●チャートに表示するインジケーター

1.移動平均線       10.25.75の三本
2.ボリンジャーバンド   2σと3σ
3.水平線、トレンドライン(これが大事)

インジケーターはこれだけです(笑)

チェック事項

●日足の前日高値、安値

●今現在上昇or下降なのか?

A. しばらく続くのか?(上位足もそうなのか?)
B. 一時的にそうなのか?(押し目、戻り中?)
C. そしてそれはどこまで続くのか?

以上のことをチェックしながら、意識されるであろう水平線を予測する。
その場合必ず上位足の流れを見ながら下位の足の流れも見ていく、そうすることによって今大きな流れは上昇中だが、下位の足では下降トレンドを付けているということがわかる。もう少し具体的にいうと日足では流れがどっち向きでそれは4時間足ではこの部分で今はこっちの方向に向かっているが意識される水平線がこの辺りにあるのでここでは一旦様子見しようとか・・・一旦ここで意識されたら1時間足を見て大きな流れと同じ方向になったらついていこうとかこんなイメージで考えていけばいいと思います。初めのうちはごちゃごちゃしていやになりますが(笑)意識的にそうやって慣れていけば無意識にそう見ていますよ。


11月12日ブログ記事


トレードの流れとしては
例えば下降トレンドなら【4時間足確定】した後にローソク足を1時間足に切り替えて【どこまで取りにに行くのか?】をチェックする。基本的には次の【4時間足水平線まで】だが、他の時間足のローソク足なども見ながら総合的に判断していく。
ストップは1時間足の直近安値の少し上におく。この場合利益と損失の割合(リスクリワード)が1;1以上にならなければエントリーはしない。逆にそれ以上であればエントリーしていく。基本的に4時間足の中の1時間の波を取っていく感じです^^

エントリー地点として最良なのはなるべく価格が高いところ、具体的に戻りとしていい場所は抜けた水平線のところに戻ってきた地点がいいと思いますが、なかなかトレンドが強い場合とかはそこまでもどってくれないまま下降して行く場合があります。その場合は移動平均線の傾きを見ながらエントリーしていきます。
トレンドが強く戻りが浅いと分かってはいても「もっといいところでエントリーしたい」と思い待っては見たが、最終的に乗り遅れるという経験は自分も含めてですが経験されているかた多いのではないでしょうか?
考え方としては「それ以上上がらないだろう」という判断のもとでエントリーを考えるので、リスクリワードが1;1であればしてみてもいいと思います・・・

あくまでも今のトレンドの波の一部分を取っていくイメージなのでしっかりチャンスを待つことが大切です。

続く・・・






それでは  この辺で・・・
ありがとう ございます


ブログを更新する力になります・・・orz

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


励みになりますので・・・宜しくお願いします


為替・FX ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

FX兄弟

Author:FX兄弟
FX兄弟です。

訪問いただきありがとうございます。
日々のFXの勉強を通してその中での気付きや重要なことなどを自分の備忘録としてブログをアップしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めFX会社
国内最強レベルのスプレッド