FC2ブログ

自分の中の法則を掴む

こんにちは!FX兄弟です。

11月3日(月)
本日の学習内容
7時半~10時 
チャート検証の準備、設定
作業時間 およそ2時間
10時~14時
チャート検証設定の続き
シナリオ作成
作業時間 4時間

合計作業時間 6時間

●戻り局面・・どこから仕掛けるか?
大きな足で下降トレンドになっているが下位足で逆向きのトレンドを付けている場合。
例・・・4時間足下降トレンド、1時間足トレンドをつけて上方向に向かってる場合。
4時間足では下降トレンドだが、1時間足以下がトレンドをつけて上に向かっている場合、ある一定の条件を満たせばその上昇トレンドは【下降フラッグ】と見る。
ある一定の条件とは?
1.終値で実体がフラッグ内に収まっている且つローソク足が水平線を上抜けてないこと。
2.上位足で一旦意識されるであろう水平線が近くにある。
3.移動平均線の傾き配列等大きな足基準でチェックする。
4.補助的にフィボナッチを当てる


10月27日ブログ記事

【エントリータイミグ】
4時間の水平線が目線の切り替わりラインだとしたら4時間足の動きと反対のトレンドをつけている1時間足の動きが崩れたタイミングでエントリーしていく。具体的に言えば安値切り上げラインを1時間ローソク足の実体で下抜け直近の安値(黄色ライン)を実体で抜け始めたタイミングで仕掛ける。
あくまでも水平線とトレンドラインがメインで移動平均線とフィボナッチはサブで使っていく。あくまでも意識されるであろう水平線が、移動平均線のどこに位置していて、またフィボの値が何パーセントなのかを知っておく程度のもの。それ以上過信してはいけない。

いくら備忘録とは言えわかりずらいかも知れません。分からないことがあれば分かる範囲でお答えできますのでメッセージをください。

それでは この辺で・・・


励みになりますので・・・宜しくお願いします


為替・FX ブログランキングへ


ポチッとお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

FX兄弟

Author:FX兄弟
FX兄弟です。

訪問いただきありがとうございます。
日々のFXの勉強を通してその中での気付きや重要なことなどを自分の備忘録としてブログをアップしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
お勧めFX会社
国内最強レベルのスプレッド